時計バンドのケアは重要

時計のベルトになっている部分には様々な素材が使用されています。そのバンド部分の手入れ方法を素材別に紹介していきます。一般的に使用される革バンドは、汗や皮脂を吸い取ってしまうしまうのでなるべく着用時はキツく締めすぎないようにしましょう。また着用後は柔らかめの布で水分を拭き取り、日陰で風通しがいい場所で乾かすようにします。メタルではサビにならないように石鹸水で洗ったあと水気をきっちり拭き取ってから乾燥させるといいです。薬品類でのケアはメタルの変色に繫がる恐れがあるのでなるべくは水か石鹸水がベストとされています。革バンドでは直射日光で色が濃くなってしまう可能性もあるので注意して下さい。

時計と合わせるとお洒落な服装

クラシックなモデルとスーツ

ビシっと決めた服装と時計は誠実さや清潔感を増します。また、身につける時計もクラシックなモデルを選べば知的なイメージや経験豊富な熟練の紳士の雰囲気を出すことが可能になっています。

ラフなTシャツとラウンド型

夏場や涼しい春先ではTシャツを着ることが多くなります。その時はモダンなタイプやクラシックな時計よりも丸みで雰囲気を優しくしてくれるラウンド型がTシャツとベストマッチします。

シャツとレクタンギュラー

シャツをつけているとシルエットが綺麗に見えます。そこにレクタンギュラー型の時計を着用するとよりスタイリッシュに見え、全体的な印象をより良くします。シャツの袖を捲くって時計を見せるのも効果的ですね。

活発に活動するならスポーツタイプ

アクティブな格好をしたり動きやすい服装であれば、断然スポーツタイプの時計が映えます。スポーツタイプの時計は衝撃に強く、防水性にも優れていますので軽い運動にうってつけなのです。

周りと違う見せ方が出来る懐中時計

腕にするだけが時計の着用方法ではありません。ネックレスの変わりにワンポイントでお洒落をするなら懐中時計という物も選択肢としてはいいでしょう。シックな服装のコーディネートに最適です。

時計の知識とお洒落

腕時計

時計の構造と名称を知る

時計は様々なパーツによって作られています。時間を知るための数字はインデックスと呼ばれており、時間を変更するときに回すダイアルはリューズと呼ばれています。こうした各部分の名称から知識をつけていけば自分だけのこだわりで時計を選ぶことができ、個性として時計を活用することが出来ます。より細かくこだわるのであればムーブメントと呼ばれる動力部もチェックしておくといいでしょう。

時計の形で個性を出す

一般的に時計のデザインは丸い形のラウンド型や四角いスクエア型といったものが多いですが、長方形のレクタンギュラーやスクエア型が丸みを帯びたような形をしているクッションと呼ばれるような形も存在しています。用途によっても形は重要になってきますが、気密性の高いラウンド型はダイビングを行う方々に向いており、幾何学的な造りのスクエアは会議や発表会などで良く映えます。

細部にまでこだわりを持つ

より時計をお洒落なものとして利用するのであれば、秒針の針先にも注目してみましょう。秒針にもいくつか種類が分かれており、その違いで時計の持つ雰囲気が大きく変わります。ペンシルと呼ばれる秒針は視認性が良くアクティブな方向きで、秒針が矢先のように鋭く尖っているタイプはアローと呼ばれています。アローはシャープな見た目で知的な雰囲気を醸し出すことが可能です。

広告募集中